坂田屋トップ縮小.jpg


坂田屋①.jpg


創業100年を迎える和菓子の老舗

伝習館高校正門近くにある辻町交差点から北へ100mほどのところに、歴史を感じさせる看板があります。来年の2月で創業100年を迎える和菓子店「坂田屋」さん。大正3(1914)年、初代の坂田信吉さんが現在の位置に店舗を構えました。創業以来、柳川の和菓子、伝統・文化を大切にする想いが継承されてきました。現在は、50種類ほどの和菓子・節句菓子・柳川銘菓・紅白まんじゅうなどが作られています。


「米せんぺい」への思い入れ

坂田屋さんの代表的商品が地元柳川産のうるち米を使用した「米せんぺい」。柳川で100年以上愛される郷土菓子で、以前は多くの家庭で作られていました。現在、その製造技術を残すのは坂田屋さんだけです。柳川の昔ながらの食文化に触れて、ふるさとを思い起こしてもらえるのが、作り続ける理由だそうです。天日干しの行程もあり、伝統製法に甘みを引き出す独自の製法を加えているため、米そのものの素朴な甘みが味わえます。自分で焼いて、焼きたてを食べる事ができるのも「米せんぺい」の魅力です。その他の商品も加工品を極力使わず、材料から製品まで手作業で製造されています。

坂田屋②.jpg

坂田屋④.jpg




伝統を受け継ぎながら、
新しい商品を作る

新たな商品を作りにも積極的な坂田屋さん。昨年、柳川産の良質な大豆を使用した「きなこばんも〜」を販売。もっちりとした食感で、きな粉と黒砂糖のなめらなかな食感が特徴的。「昔ながらを守る事は重要ですが、伝統・技・想いを軸にして発展する事がさらに重要」と語るのは次期四代目で修行中の坂田将和さん。柳川の食材にこだわって商品を作っていきたいと熱い想いを語っていただきました。100年目もそのあとも楽しみな柳川の老舗和菓子店です。

坂田屋
柳川市上町30
TEL/FAX 0944-72-2377
mail:info@sakataya.jp
定休日:不定休 
営業時間:9:00~18:30
HP http://sakataya.jp/